ダメージヘア アミノ酸シャンプー

髪が傷んでいるときに使いたいシャンプー?

 

ダメージヘアの場合にはアミノ酸シャンプー!というような
宣伝をドラッグストアなどでも良くみかけます。

 

なぜアミノ酸シャンプーがダメージヘアの改善に効くのでしょうか?
他の種類のシャンプーと比較しながら解説しれ行きます。

 

アミノ酸系シャンプーの特徴

 

洗浄力が強すぎず、頭皮への負担が少なく、
髪の毛の指どおりも良いです。

 

これは保湿効果が高いからです。
くせ毛の改善にも効果があります。

 

またアミノ酸系シャンプーは髪、頭皮を弱酸性にしてくれます。
弱酸性になると、頭皮は老廃物を
外に出しやすくしてくれるので、
毛穴の汚れもたまりにくくなります。

 

ダメージヘアの場合には、髪の毛を保湿し、
頭皮に刺激を与えずに清潔に保つこと。

 

これがアミノ酸シャンプーが最適ということです。

 

他のシャンプーではダメージケアはできない?

 

アミノ酸以外のシャンプーを見てみましょう。

 

アミノ酸以外に代表的なものは、
石油系シャンプー、石鹸系シャンプーがあります。

 

石油系シャンプー

 

石油系シャンプーは最も一般的なもので、
高級アルコール系とも呼ばれています。

 

安価なうえ、泡立ちの良さと爽快感が特徴ですが、
その強い洗浄力により頭皮細胞までをも破壊し、
必要な皮脂までをも落としてしまいます。

 

これは台所洗剤での手荒れと同様の症状と言えます。

 

せっけん系シャンプー

 

石鹸系シャンプーも同様に洗浄力が高いため爽快感があります。
天然原料や無添加のものが多いため生分解性が高く環境にも優しいのですが、
余分な皮脂までもを落とし、髪の毛がきしみやすく、
弱アルカリ性のため肌に刺激を与えてしまいます。
使い続けると髪がごわごわになりやすいという
特徴もあります。

 

健康的で短髪の場合は石鹸系シャンプーでも使えるかもしれませんが、
ロングヘアにはむいていません。