髪 うねり

うねりは治せる?治せない?

朝にセットしてもすぐに日中にはひろがってしまう、
少し汗をかくとうねってきてしまう
雨が降るとうねりがヒドイ、、、

 

こんな髪に憂うつな気分になってしまいますよね。

 

うねりの原因とはなんなのでしょうか?

 

うねりには2つの種類あります。
先天性と後天性の2つです。

 

つまり、生まれたときからうねっているか、
なんらかの原因で、うねりがでてきてしまったという場合です。

 

多くの人がそのうねりを、
両親もうねりやくせ毛だから遺伝だと思い込んでいるようですが、
髪の傷みなどでうねりが出始めている後天性のうねりもとても多いようです。

 

うねりは改善できるの?

 

何かが原因で後天性の場合のうねりについては、
その原因をつきとめて対策していけば、
充分にうねりは改善できます。

 

遺伝の場合は?

 

遺伝の場合のうねり、くせ毛自体は直すことができません。

 

なぜなら毛穴自体がだえん形だったりするので、
生えた時点で毛はうねってしまうからです。

 

ただし、髪の傷みなどによるうねりの悪化などはもちろん
対策することは可能なので、次の章も読んで参考にしてみてください。

 

後天性のうねり、くせ毛について
なんらかの原因で直毛がうねり、くせ毛に変わってしまっているという状態です。
その原因を見ていきましょう。

 

 

髪がところどころ傷んでいる
毛穴がつまっている
食生活、生活習慣の乱れ
無理なダイエット
加齢による頭皮環境の変化
加齢により毛穴がゆがむ

 

 

 

この5つが主なうねりを生じてしまう原因です。

 

 

 

一つずつ見ていきましょう。
髪がところどころ傷んでいる

 

 

 

髪が傷む、つまりキューティクルがはがれてしまって
ごわごわ、きしきし、ぱさぱさというような状態をさします。

 

 

 

髪が傷めてしまうのは、ドライヤ-の熱、紫外線、
洗浄力の強いシャンプー、美容室でのカラー、縮毛などが代表的なものです。

 

 

 

髪がこれらによってキューティクルがところどころはがれてしまうと、
髪の弱くなってしまったところは曲がりやすくなり、
それがうねりへとつながってしまうのです。

 

 

毛穴がつまっている

 

 

 

顔にたくさんの毛穴があるように、
頭皮にもたくさん毛穴があります。

 

 

 

そこに汚れがつまってしまうと、
髪がしっかりと生えてこなくなり、
狭くなったいびつな毛穴から無理やり生えようとします。

 

 

 

この時に、うねりをもった髪となり生え続けてしまうのです。

 

 

 

なので頭皮の毛穴の汚れをしっかりと取ってあげる必要があります。

 

 

食生活、生活習慣の乱れ

 

 

 

髪も、あなたが毎日食べている食事の栄養から作られます。
なのでコンビニや外食などが多くなってしまって栄養がかたむいてしまえば、
髪に必要な栄養が足りなくなり、
髪が急に細くなり始めはじめます。

 

その時に、髪の細くなった部分からうねりやすくなります。

 

また睡眠時間が短い、慢性的に疲れているというような場合にも
髪に影響します。

 

 

 

ダイエットも同じですね。
極度な食事制限をすれば、
髪に必要な栄養は足りなくなってしまいます。

 

 

加齢による髪質の変化

 

髪というには、
女性ホルモンの変動で髪質が変わってくるので、
常に髪質が変わっていくんだということを意識しておきましょう。

 

例えば、今まで使っていたシャンプーが合わなくなる可能性もありますし、
ドライヤーの熱、紫外線、などの外部の刺激からも
ダメージを受けやすくなってしまうのです。

 

うねり対策に必要なのは?

 

 

例えば、ダメージの少ないシャンプーにかえる、
食生活、生活習慣をあらためるというように
ちょっと意識するだけでも
髪質は向上していきますので、実践してみてください。

 

>>ダメージの少ないシャンプーとは?

 

ただし髪の毛は1か月に1センチ前後にか伸びません。

 

だからあなたが生活習慣を変えて1週間、1か月では、
劇的な変化は残念ながら起こりません。

 

例えば3か月〜半年、そして1年経ってくると
徐々にその効果は必ず現れてきますので、
長い目で行っていきましょう。