ハーブガーデンシャンプー かずのすけ

ハーブガーデンのシャンプー解析

【ハーブガーデンのシャンプー】は、かずのすけさんには
まだ評価されていないようですが、

 

私は8種類のアミノ酸シャンプーを試しているので、
かずのすけさんのシャンプーの成分評価を参考に解析します。
  関連記事 >>ハーブガーデンのレビュー記事はコチラ

 

ハーブガーデンシャンプーの解析

 
成分表の内訳を見てみましょう。
 
最初に書かれているのが水(オーガニックハーブティ)とあり、
ラウロイルメチルアラニンNa,ココイルグルタミン酸と続きますが、
この二つはアミノ酸系界面活性剤です。
なので、れっきとした敏感肌向けアミノ酸系シャンプーと言えます。

 

(まれにアミノ酸系洗浄剤が少ししか入っていないのに
アミノ酸系と呼ぶシャンプーもあるので)

 

ラウロイルメチルアラニンNaの特徴は
敏感肌の方でも使えるくらい刺激の弱い洗浄成分です。

 

ココイルグルタミン酸も低刺激なので敏感肌もOKで、
洗い上がりもしっとり、泡立ちもいいのが特徴。

 

なので乾燥肌〜敏感肌に向いています。
美容師さんもアミノ酸系がおすすめという方が非常に多いです。

 

 

カラーリング、ブリーチ、縮毛矯正などを
定期的に行っている方はにこのアミノ酸系は向いています。

 

ただし脂性肌のように油っぽい頭皮の方は
洗い上がりに少し不満が出るかもしれませんね。

 

傷んだ髪を悪化させないようにしてくれます。

 

 

 

添加物の心配もいらない

 

肌が弱い方にとっては刺激になる
シリコン、合成香料、着色料、防腐剤、
石油系界面活性剤は一切不使用

 

肌にも毛髪にもやさしいシャンプーと言えるでしょう。

 

天然由来のエキス

 

 

 

配合成分の8番目からはヤシ油、サクラ葉エキス、
などの天然成分が続いていきます。

 

こう見ていくと、本当にアミノ酸洗浄剤と天然成分で
出来ているシャンプーだということがわかります。

 

 

ハーブガーデンが向いているのは

 

 

 

髪の毛に添加物入りのものは使いたくない
敏感肌で困っているので出来る限り低刺激を選びたい
頭皮が乾燥しがち
カラーリング、縮毛など続けなければいけない人
うねりに困っている

 

という方たちです。

 

ハーブガーデンが向いていないのは、
脂性肌でとにかく皮脂を落としたいという方、ということがわかりますね。