プール 髪 傷む

スポーツジムのプールに通ったり、
夏のレジャーでプールに行ったあと、
髪のきしみ、切れ毛などを感じませんか?

 

それは、当然です。

 

なぜならプールには消毒のため、
塩素がたくさん入っているからです。

 

この塩素は髪のキューティクルを破壊してしまいます。

 

キューティクルが破壊されると、
髪の内部に水分を保つことができにくくなり、
ぱさついたり、広がりやすくなってしまいます。

 

髪の中にまで入り込み、
黒髪のメラニン色素も破壊してしまうとても強い化学薬品なのです。

 

だから、毎日のようにプールに通う方は
髪が茶色くなったり、赤茶色の髪になってしまうのです。

 

このように髪が傷んでしまうことがわかります。

 

でもダイエットのためやレジャーでプールに入らなければいけない時もありますよね。
そんな時は、プールで髪が傷まないように対策をする方法があります。

 

@髪に水を含ませる。
髪をしっかり洗ってから、髪をセットをしやすいですよね。
それは、髪の内部にまで水分が入り、
しっとりとしているから。

 

つまり髪は吸水性があるスポンジのようなイメージをもってみてください。

 

プールに入る前にしっかりと髪をぬらして、
水を吸わせてあげると、
プール内で、塩素の水を髪が吸水しにくくなります。

 

これだけでは完全に塩素を防げませんが、
やる価値は十分にあります。

 

A水泳キャップ

 

プールで泳ぐときには水泳キャップをすれば、
髪に直接水が当たるのを多少ですが防ぐことが出来ます。

 

Bプールを出るときは、
シャワーでよくプールの水を洗いきる

 

Cシャンプーはできるだけダメージのすくないものを選ぶ

 

プールでの髪の傷み対策をしても、
やっぱり髪は傷んでしまいます。

 

髪がぱさつきなどのダメージを負い、デリケートな状態なので、
できるだけ髪にやさしいシャンプーに切り替えてあげると、
髪の傷みの悪化を防ぐことが出来ます。

 

たとえばアミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドなので、
傷みがちな髪にピッタリです。