頭皮 赤い

頭皮にかゆみなどの違和感を感じたり赤い場合は炎症を起こしている可能性があります。
そして放置しておくと悪化してしまう恐れがありますので注意しなければいけません。

 

ひどくなるとさらに不快感を覚えるようになり、
さらには脱毛の原因になることもありますから、適切な対策を行い改善を目指す必要があります。

 

炎症を引き起こす原因としてはまずシャンプーが挙げられます。

 

人によってはシャンプーが頭皮に合わないこともあり
、無理に使い続けることで刺激を与えてしまい炎症に発展することもあるのです。
頭皮に合っていない場合、かゆみがずっと続く、抜け毛が多くなる、ニキビができやす
くなる、
べたつきが強くなったなどの症状が見られることもありますので、
そういった変化が確認できた時にはシャンプーを疑った方が良いと言えます。

 

なおシャンプーの仕方が良くないことが原因になっていることもあります。
例えば爪を立てて頭皮を傷つけてしまったり、
すすぎが不十分になっているなどすると、
それもまた炎症の原因になりますので、洗い方を見直すことも必要です。

 

脂漏性皮膚炎もひとつの原因です。頭皮は体の中でも特に
皮脂が多いところですが、脂漏性皮膚炎になることでマラセチア真菌という
カビの一種が増加して炎症を引き起こします。

 

そしてこの症状を発生させる原因として、
頭皮に合わないシャンプーやすすぎ残し、
油分の多い食事、整髪料の使い過ぎなどが該当します。

 

症状がひどくない場合は原因への対処をすることで治せることもありますが、
症状が重い場合は治療効果のあるシャンプーや薬を使うなどして対策をすることも必要です。

 

生活習慣の乱れも炎症を引き起こす原因になり得ます。
例えば食事面のバランスが悪い、睡眠の質が低下している、
ストレスを溜め込んでいるなど、
こうした生活を送っていると自律神経並びにホルモンバランスを乱します。

 

これらの乱れは新陳代謝の低下や血行不良を引き起こす原因になりますので、
頭皮環境を不健全にしてしまうのです。
生活内容が悪い場合は、規則正しく健康的な日常へと改めるのが炎症対策のためにも必要です。