海 髪 傷む

海に行ったあと、
髪がきしんでしまったりばさばさになってしまったという経験ありませんか?

 

実は髪は、海に行くととっても傷んでしまうのです。
その原因は二つあります。

 

海で髪が傷むのは紫外線、海水です。

 

海水浴などの海のレジャーに行くときに、
肌への紫外線対策はばっちりすると思いますが、
髪への対策はあまり行われず、髪は傷み放題になってしまいます。

 

なぜなら海へ行くと、強烈な紫外線を浴びますし、
海に入れば、塩度の高い海水が髪についてしまうからです。

 

髪は顔などの皮膚に比べて、
倍以上の紫外線を浴びてしまいますし、
アルカリの海水が髪に付着すればキューティクルもぼろぼろになってしまうのです。

 

対策法はある?

 

一番は髪を傷めないように、事前にUVケアを行うということ。
髪用のUVカットスプレーなどもあるので、
しっかりと対策をしたいですよね。

 

また海水に入らない時は帽子などをかぶって、
髪に紫外線が極力当たらないようにすること。

 

アフターケアも大事

 

UVスプレーをしてしまっても持続性はそんなにありませんし、
海水に入ってしまえば、海水によるダメージを受けてしまいます。

 

なので海のレジャーが終わったらアフターケアをしてあげましょう。

 

まずは海水をしっかり髪から落としてあげるコト。
シャワーで海水を落としたら、ドライヤーで乾かしてあげましょう。

 

それでも髪が傷んでしまっていると思いますので、
まずは髪を弱酸性に戻してあげること。

 

(海水はアルカリ性なので、髪、頭皮がアルカリ性に傾いていて、
傷みやすい状態になっているからです)

 

弱酸性にしてあげるには、
ダメージヘアにやさしいアミノ酸シャンプーが最適です。

 

キューティクルを閉じてくれたり、
保湿の効果もあるので、
日焼けしてしまった髪にぴったりです。