髪 うねり 改善

うねりは改善できるってほんと?

 

毛先だけうねってしまう
広がりやすいと悩んでいませんか?
そんなあなたの為に、
髪の毛のうねりを治す方法をまとめてみました。

 

髪の毛のうねり、広がりは髪が傷んでいる証拠です。

 

できるだけ髪を傷ませないようにするのが、
重要になってきます。

 

@ドライヤーでの乾かし方

 

ドライヤーでの乾かし方はとても重要です。

 

ドライヤーでの乾かし方を間違えてしまうと、
髪が傷み、うねり、広がりやすくなってしまいます。

 

またブラシを髪の毛の内側に入れて
、内側からドライヤーの風をあてて上げましょう。
美容室のブローのようなイメージです。

 

またドライヤーも温度ができるだけ、低い物で、
風量は強いものの方が、
髪へのダメージが少ないです。

 

もしドライヤーが古く、買い替え予定であれば、
温度が低いものを選びましょう。

 

また仕上げに冷風をかけてあげると
広がりにくくなりますので、
試してみて下さい。

 

A洗い流さないトリートメントの活用

 

B吸水性の良いタオルにする

 

あなたは吸水性の悪いタオルを使い続けていませんか?
タオルがごわついていませんか?

 

髪の毛というのは、摩擦によるダメージをうけやすいのです。
吸水性の悪いタオルでごしごしと髪こするように拭いてしまうと
髪のキューティクルがめくれあがり
うねる原因となります。

 

吸水性のよいタオルにかえてやさしく髪を抑えてあげる、
はさんであげるというようなデリケートに扱うことで、
摩擦のダメージを減らすことができます。

 

C毛先はカット

 

髪の毛というのは、死細胞といって、
生えた瞬間にはすでに死んでいます。

 

だから毛先が一番古い死細胞なので、髪の毛全体の中でも
一番傷んでいます。

 

この毛先のほうだけうねりやすいという事であれば
毛先を1センチ〜3センチくらいカットするだけでもかわります。

 

D精製水

 

髪がうねるからといって、
水道水をばしゃばしゃとつけて髪の毛ひっぱりながら伸ばしたり、
ドライヤーの高熱でむりやりまっすぐにしようとしていませんか?

 

実はそのうねりの伸ばし方は一番やってはいけません。

 

なぜならうねりをひどくしてしまうからです。
というのも、原因は水道水にあります。

 

水道水というのはミネラルや不純物だらけですので、
水分が蒸発すると同時に
その不純物、ミネラルが髪に付着します。

 

ところどころにつくのでそれがうねりの原因になってしまうのです。

 

だから髪に水をつけると傷むのです。
そしてドライヤーの高熱の温風で仕上げると、
もうあとはわかりますよね。

 

さてそれでは水道水の代わりに、
今ツイッターや美容系サイトで流行っているのが
精製水をつけて、髪のうねりを治すという方法です。

 

精製水には不純物が入っていないので、
水道水よりは、うねりにくくなります。
試してみて下さい。